美味しいレモンサワーの作り方 レモンサワーの素VS焼酎とレモン

美味しいレモンサワーの作り方 レモンサワーの素VS焼酎とレモン レモンサワー

美味しくレモンサワー飲みたいよー!
ところでおうちでレモンサワーを作る時ってみんなどうしてるんだろう、、

channike
channike

レモンサワーを毎日飲んでる僕が、焼酎を使う作り方とレモンサワーの素を使う作り方の2パターンを紹介するよ!!

ということで、どっちが美味しいかそれぞれのメリットとデメリットを交えて比較します。

こんな人に読んで欲しい記事

・おうちで美味しいレモンサワーが飲みたい
・焼酎を使って美味しくレモンサワーを作りたい
・レモンサワーの素を使って、少しアレンジしたい

美味しいレモンサワーの作り方 レモンサワーの素VS焼酎とレモン

自分にはどっちの作り方が合うか、比べてみてください。
おうちで簡単に本格的なレモンサワーが飲めるように作り方を紹介します。

レモンサワーの作り方 焼酎バージョン

レモンサワーの作り方 焼酎
作りやすさ★★★☆☆
甘味☆☆☆☆
酸味★★★★

焼酎の味レモンの爽やかな酸味がが特徴的なレモンサワーです。
甘味はレモンの甘味のみなので、すっきりした味わいです。

<材料>

・焼酎……40cc
・レモン……1個
・炭酸水……適量
・氷……適量

今回はクセの少ない、いいちこを使います。

<下準備>

・レモンは事前に2分の1カットしたレモンとくし切りにしたレモンを用意しておきます。

<作り方>

1.グラスを氷でいっぱいにして、5周ほどステア(おはしなどでかき混ぜる)します。
※面倒くさければ、事前にグラスを冷蔵庫で冷やしておいて下さい。

グラスを氷でいっぱいに

2.焼酎を注ぎます。
炭酸水と焼酎4:1くらいのイメージで注いで下さい。
濃いめなら3:1くらいですね。焼酎を45mlくらいのイメージです。

焼酎

3.5周ほどステアして焼酎を冷やします。

4.炭酸水をグラスいっぱいに注ぎます。(炭酸が抜けないようにゆっくり)

炭酸水

4.レモンを絞って、グラスに注ぎます。
※レモンを絞る代わりに代わりに果汁100%のレモンジュースを10mlほどいれても大丈夫です。

レモンを絞る

5.一周だけ軽くステアします。
※炭酸が抜けないように優しく

6.くし切りにしたレモンを、皮面を下にして絞りって、グラスの中に落とします。

皮面を下にして絞り

7.もう一度軽くステアして完成です。

レモンサワーの作り方 レモンサワーの素バージョン

レモンサワーの作り方 レモンサワーの素バージョン
作りやすさ★★★★★
甘味★★★☆☆
酸味★★☆☆

甘味が強いレモンサワーです。
酸っぱいのが好きな人はレモン果汁をプラスしてください。
またレモンサワーの素によって味が違う為、いろいろ試してみてください。

<材料>

・レモンサワーの素……40〜50cc
・氷……適量
・炭酸水……適量
・レモン……1/8個

今回はこだわり酒場のレモンサワーの素を使って作ります。

<下準備>

・レモンをくし切りにカットしておく。

<作り方>

1.氷をグラスいっぱいに入れてスかき混ぜてグラスを冷やします。
※冷蔵庫でグラスを冷やしてもいいです。
※グラスが冷えてないと、ソーダを入れる時に炭酸が抜けてしまうので、キレを損なう原因になります。

2.レモンサワーの素と炭酸水を1:3で割ります。
レモンサワーの素40ml、炭酸水120ml

3.氷を浮かせて、落とすように軽くかき混ぜます。
※炭酸が抜けないようにします。

4.好みでくし切りのレモンを皮面を下に向けて軽く絞ります。
※今回使用した、こだわり酒場のレモンサワーの素はレモンの香りと甘みはしっかりしていますが、すっぱさにかけるのでレモンを絞った方がより酸味を感じれます。

5.絞ったレモンをグラスに落として完成です。

まとめ

今回は焼酎を使うパターンとレモンサワーの素を使うパターンと2パターン紹介しました。
レモンの酸味を楽しみたいのであれば、焼酎を使ってレモンを絞るのがおすすめです。
簡単にパパッと作りたいのであれば、レモンサワーの素を使った作り方がおすすめです。

また焼酎の代わりにウォッカを使ったり、カンパリという柑橘系のリキュールを使ってアレンジする方法などは別の記事で書いてますのでよかったら参考にしてください。

焼酎バージョンでもレモンサワーの素バージョンでも、どちらも本格的なレモンサワーを楽しむことができますので、是非一度作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました